冬場になると乾燥肌の私は肌への悩みが増えスキンケアの必要性を実感しているという事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

冬場の乾燥対策

日本は美しい四季があるのが魅力なのですが四季の応じたスキンケアをしなければならないのは少し大変かも知れません。
特に冬場は乾燥する上に室内を暖房するので肌は大変乾燥します。
肌と言っても顔だけでなく体全体が乾燥するので乾燥肌の私は大変です。
入浴剤とボディーソープは乾燥を防ぐ物を選び夏場は使わないボディクリームも絶対に必要になります。
ボディクリームだけでも随分に痒いと言う症状は違います。
歳をとると体全体が乾燥して痒くなるのはある程度仕方ないのですが夜寝ていると体が温まると無性に痒くて眠れなくなって掻くと傷になって翌日はひりひりと痛むのが悩みでした。
薬用の痒みを抑えるボディ専用のクリームを使ったらかなり効果がありました。
体は勿論ですが顔もかなり乾燥します。
寝る前にはクリームをたっぷり塗らないと顔全体が粉をふいたようになり酷い時はひび割れの直前のようになります。
頭皮も一緒で夏場と同じように手入れをしてもフケが気になる時があります。
乾燥肌の私にとって冬場のスキンケアは本当に悩みの種です。
寒いからと暑いお風呂に長く漬かると上がった後は水分が蒸発でして余計に乾燥してしまいます。
暖房も欠かせないし寝る時も電気毛布なので乾燥対策は人一倍必要かも知れません。
スキンケア用品だけに頼らず日頃に生活にも気を付けるようにしています。
邪道かも知れませんが油っこい食べ物を食べると肌の乾燥は随分と変わって来るような気がしています。
あっさりしたものばかり食べていると乾燥がひどくなるような気がしてなりません。
健康や美容を考えると油っこい料理は控えたいのですが肌の事を考えれば油っこい料理も必要なのかも知れません。