スキンケアの基本である保湿は化粧水、乳液、クリームですが夏場は手抜きをしてしまう事を反省しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥を防ぐための保湿

顔を洗ってから暫くすると乾燥肌の私は顔がつっぱって来ます。
乾燥肌で無くてもそう感じる人は多いと思うのですが洗顔やクレンジング剤によって肌の皮脂や水分は失われているので保湿が必要になります。
スキンケアの基本は汚れを洗い流したが次は保湿です。
まずは化粧水です。
私はコットンに付けてパタパタとはたくのですが中には手にとって直接肌に付ける人もいるようです。
専門家に聞くと賛否両論でコットンは肌に刺激を与えると言う人もいるし直接手で付けると栄養分が手に吸い取られてしまうと言う方もいますので個人の好みで良いかと思っています。
ですがどちらにしても最後に両手で肌を包みこむようにすると効果的だと思います。
化粧水の栄養分が手のぬくもりを通って染み込む感じがします。
化粧水の次は乳液とクリームでしっかりと保湿をするのもスキンケアの基本です。
ですが暑い夏場は化粧水だけで終わってしまう事が私は多くて反省しています。
夏場はクーラーなどでどうしても肌が乾燥してしまいます。
暑くて汗を掻くからと言って夏場のスキンケアをおろそかにすると秋の気配が近づくとたちまち乾燥が気になってしまいます。
解っているのですが何かと面倒臭がりの私なのです。
思い切って化粧水と乳液が一緒になった物を購入しましたが使い心地は今一つと言った感じでした。
今では面倒でも毎日欠かさず化粧水のあとは乳液、夜はクリームを付けて少しテカテカした肌で眠っています。
おかげで翌日の肌はしっとりとしてとても気持ちがいい物です。